ステージ4・ステージ3からのがん治療
 サイト開設以来 名様にお越しいただきました  本日   昨日  
★がん陽子線治療のメリットと受けられる病院について
 ステージ4・ステージ3からのがん治療 
●がんの治療に関する情報を紹介しています! 
(スポンサードリンク)
   

癌により低下した免疫力をアップさせる物質を発見!
 がんをはじめ多くの病気は、免疫力が低下することによって起こります。東京大学の研究グループが開発した高い免疫活性効果を持つ物質「ブロリコ」をご存知ですか?
 詳しくはこちらを参照下さい。 ⇒ 【ブロリコ研究所】  
 
 がんの治療においては、がんの広がりや進行の程度、症状など、現状を踏まえた上で、最も治療効果が高く、体への負担の少ない治療を選択することが大切です。
 当サイトでは、ステージ4・ステージ3のがんと闘っている方向けに、最新の医療情報、医師・病院等に関する情報を提供しています。
 ※当サイトでご紹介している医師・病院への取り次ぎやお問合せ等はお受けしておりません。また掲載している情報は変更となっている場合がありますので、診療を受けられる際は、直接病院へご確認下さい。
※サイト内検索が出来ます(入力例):乳がん 名医 トップページへ戻る
 
 
(がん陽子線治療について) 
 陽子線治療は、がんに対して用いる放射線治療法のひとつです。放射線と聞くと、X線やガンマ線を連想するかもしれませんが、それらに代わって陽子線を使うのが陽子線治療です。

・陽子線の特徴
 陽子線がもつ“荷電粒子線”の性質が下記のような治療に適した特徴を生みます。
 陽子線が一定のエネルギーをもち同じスピードの陽子が体の中に入ると、すべての陽子はある一定の深さで完全に止まります。このため陽子線は、その一定の深さよりも奥へは到達しないので、無駄な照射を防ぐことができます。またこの深さは自由に調節できます。
 しかも陽子がもつエネルギーはこの止まる間際のところで、もっとも多く体に与えられます。言い換えると、陽子線として照射される放射線量が、ある一定の深さで非常に効率的に使われるのです。

・陽子線治療のメリット
 上述の通り、陽子線が完全に止まる場所は、陽子線のエネルギーを変えることで、自在に決めることができます。従って陽子線は病巣を狙い撃ちすることができます。
 さらに特別な装置で高線量を付与するピークの幅を自由に広げることができるので、色々な厚みをもつ腫瘍を“体内の標的”とすることができます。
 こうして狙った場所だけに、多くの放射線量を効率よく照射することができるのです。陽子線を使う意味は、まさにここにあります。

・患者さんにとって
 陽子線治療では、がん病巣に合せてピンポイントともいうべき精度で照射し、しかも照射した場所で多くの放射線量を与えるためがん病巣のみを集中的に破壊することができます。
 また、集中性が良いため、放射線の影響を受けやすい器官の近くにあるがん病巣にもより安全に照射できます。
 狙った病巣以外は、放射線量の吸収が少なくて済むため、正常組織への損傷が少なくなり、体への負担や副作用が少なくなります。従って、高齢の患者さんにもやさしい治療であり、また治療後の円滑な社会復帰も期待できます。
 ただし、全てのがんが陽子線の適応対象となる訳ではありません。また、対象疾患でも陽子線治療が適応と判断されない場合があります。詳しくは、陽子線治療を行っている医療機関にてご相談ください。

・治療費の目安
治療費は、約300万円程度です。現在のところ、これらの治療費は健康保険の対象になりません。ただし、それに付随する入院費や検査料は通常の保険診療の対象となります。


・陽子線治療を受けられる病院

●東日本で陽子線治療を受けられる病院
医療機関名 所在地
北海道大学病院陽子線治療センター 北海道
南東北がん陽子線治療センター 福島県
相澤病院 長野県
筑波大学陽子線医学利用研究センター 茨城県
国立がんセンター東病院 千葉県
静岡県立がんセンター 静岡県
  ●西日本で陽子線治療を受けられる病院
医療機関名 所在地
名古屋陽子線治療センター 愛知県
福井県立病院陽子線がん治療センター 福井県
兵庫県立粒子線医療センター 兵庫県
岡山大学・津山中央病院共同運用がん陽子線治療センター 岡山県
メディポリス国際陽子線治療センター 鹿児島県


●がんに対する効果が報告されているサプリメント・漢方薬等の情報

・がんに対する抗腫瘍効果が報告されている漢方薬をお試しいただけます!
 最近世界中のがん患者から感謝の声が寄せられている抗がん漢方薬があります。
 世界が認めた抗ガン漢方薬! として知られる「天仙液」という漢方薬ですが、「末期がんから生還した」「延命した」「西洋医学での治療の副作用が軽減された」といった声が多数寄せられているようです。
 その裏付けとして、日本の試験機関「新薬開発研究所」の臨床試験において、最大94.1%という高い抗がん効果が立証されており、日経新聞や朝日新聞などのマスコミやインターネット等で取り上げられています。一時期無料サンプルの提供を中止していましたが、再開を求める声が多かったため、現在提供を再開しています。ご希望の方はお早めにどうぞ。


・低下した免疫力を高める物質を東京大学の研究グループが発見!!
 がんをはじめ多くの病気は、免疫力が低下することによって起こります。
 抗がん剤や放射線による治療では、正常な細胞にもダメージを与えるため、こうした治療を受けたがん患者は、より一層免疫力が落ちることになります。
 低下した免疫力を高めることは、がんと闘う人にとってとても大きな意味を持ちますが、こうした中、東京大学が企業と共同で高い免疫活性効果を持つ物質を発見しました。
 ブロッコリーから抽出したこの成分は、ブロリコと名づけられましたが、ブロリコの免疫活性効果は驚くほど高く、メカブフコイダンの約60倍、プロポリスにおいては1000倍以上の活性効果を示しています。
(スポンサードリンク)

 いま大注目のブロリコはですが、その詳しい資料を請求することが出来ます。住所等の簡単な入力のみで、無料で資料が送られてきますので、免疫力のアップに興味のある方は、資料を請求してみてはいかがでしょうか。 ⇒ ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから  

・鹿児島大学と共同研究の結果生み出された「びわ茶葉」の抗がん性効果に注目!
 びわの葉にはアミグダリンという薬効成分が物質が含まれており、このアミグダリンが、ビタミンB17になります。ビタミンB17は、がんに画期的な効果があるとして、いま国際的に脚光を浴びています。ビタミンB17は、体温と共に暖められると浸透して、細胞の中にまで入っていき、炎症やがん細胞も治してしまうほどの力を発揮すると言われています。
 米国のがん専門医ジョン・A・リチャードソン博士は、「ビタミンB17はすべてのガンに100%近い制御率を示した」として、250例中、248例に効果があった臨床報告を発表し、医学界に大きな衝撃を与えました。
 日本でも奈良時代からびわの葉が健康に良いと重用されてきましたが、最近の研究で、鹿児島大学と健康に関する共有特許を取得した「びわの茶葉」が発売され、人気を博しています。世界オンリーワンの商品で、1ヶ月あたり1080円と値段が安いことも、支持されている理由の一つです。詳しくは、⇒  『ねじめびわ茶』  


●参考リンク
日本の名医リスト一覧
がんを薬で治す!乳がんの薬物療法に関する情報
癌の有名病院300病院、名医180人を一挙公開!
ビッグデータを元に算出した乳がん5年生存率(男女別・ステージ別)

抗がん剤療法の副作用と抗がん剤治療の名医
 
メディアで紹介された予約殺到のがんの名医


※追加情報を探したい方は、下記の検索ボックスで検索して下さい。
(入力例)陽子線治療 九州(キーワードとキーワードの間にはスペースを入れて下さい)
(Google検索ボックス)



がん最新医療情報・名医情報をフェイスブックで紹介しています!!

⇒ ステージ4・ステージ3からのがん治療トップへ戻る
 
『ご留意事項』
・当サイトの情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に医師・病院を選択される際には、慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。

・病院・ドクターを選択する最終的な判断は、皆様自身で行って頂きますようお願いいたします。
・最新の情報を掲載するよう努めますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載団体との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いません。

・当サイトはリンクフリーです。特に連絡の必要はありません。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。

 ※ドクターの紹介や個別の症状に関するご相談はお受けしておりません。ご承知置き下さい。
 ※記事の無断掲載・転載は固くお断りいたします。
-「ステージ4・ステージ3からのがん治療」-
COPYRIGHT (C):operation-navi.com. ALL RIGHTS RESERVED.
コピー禁止